新着記事Latest Posts

老後の生き方

仕事を定年(退職)して、子育ても卒業して、時間がたっぷりある老後をどのように過ごそうかと迷っていませんか。これまで忙しくしていて、これといった趣味がないから困っている、という人もいるかもしれませんね。 せっかく時間があるのだから、充実した生活ができるようにしたいもの。そこで今回はシニアの方向けに、老後に楽しめるおすすめの趣味をまとめました。これから趣味を探したい人、新しいことをやってみたいという人は、ぜひ参考にしてください。

老後の生き方

仕事は定年したけれど、まだまだ元気なシニアの方はたくさんいらっしゃると思います。 「これからも長く元気でいたい」、「そのために何か趣味をもつたい」と考える方もいるのではないでしょうか。 せっかくの自由な時間だからこそ、充実した時間を過ごせる趣味があると、生活が楽しくなりますよね。 そこで今回は、シニア男性におすすめしたい趣味についてまとめました。趣味をもつことのメリットについてもご紹介していますので、ご参考にしてみてください。

老後の生き方

定年退職後など、仕事を引退した後の老後生活において、無趣味の方にはさまざまなデメリットがあると指摘されています。 本人の健康やメンタル面での問題に加え、夫婦や家族仲にも影響する場合もあるでしょう。 この記事では老後に無趣味だとどうなるのか、無趣味の場合にできることや老後からでもはじめやすい趣味について紹介していきます。 まずは少しでも興味をもったものから、挑戦してみてはいかがでしょうか。

介護

胃ろうの人を介護するのは、経口による食事介助と比べて、器具の管理や投与の方法など専門的な知識が必要になります。 この記事では、胃ろうの種類やメリット・デメリットに触れながら、胃ろうの人を介護する際に重要となるポイントや入居可能な施設について紹介します。 胃ろうにすべきか迷っている方や将来的に必要な介護の知識として、ぜひ最後まで目を通していただきたく思います。

介護

社会の高齢化が進むと同時に、介護にまつわる問題を抱えるご家庭も増えてきました。まわりで親の介護をしているという方の話を聞いたことがある方も、いらっしゃるのではないでしょうか。 そろそろ自分も介護をする側になるのでは、そうなったらどうしたら良いのだろうかと不安に感じている方もいるかもしれません。 そこで今回は、介護をする際に不安に感じやすいこと、それを解消するためのポイントについてまとめました。近い将来介護をする可能性がある方や、介護を始めたばかりの方へ参考になる情報をご紹介していますので、ぜひご一読ください。

介護

同時に2人の介護をしなければならない「ダブル介護」。1人でも大変なのに2人なんて…と思われる方もいるかもしれませんが、誰にでも起こる可能性はあります。両親同時の場合、自分の親と義理の親、人によっては障害を持つ兄弟や子どもなどが重なってしまうことも考えられます。 負担の大きいダブル介護ですが、どうすればうまく乗り越えていくことができるのでしょうか。ダブル介護によって起こりうる問題や、そのような事態に備えて今からできる準備についてまとめました。

介護

年齢を重ねるにつれて現実的な問題となってくる、親の介護。介護度が低いうちはまだ良いけれど、高くなっていったら介護中心の生活になってしまい、今の自分の生活ができなくなってしまうのでは…と不安になる方も多いのではないでしょうか。 その一方で、介護が必要なのに自分の生活を優先しようとすることに、罪悪感を持ってしまうこともあるかもしれません。 では、どうしたら罪悪感を持たずに、親の介護と自分の生活をうまく両立させることができるのでしょうか。今回は、本格的に介護が始まる前に知っておきたい知識などについて、まとめてみました。

介護

仕事や家族など、さまざまな事情で親とは遠く離れた地で暮らしている方もおられるでしょう。問題は、親が高齢になったときです。心配で、週末など時間を見つけて介護に駆けつける遠距離介護状態が続くと、疲れを感じてしまうことがあります。 遠距離介護は、なぜ疲れを感じやすいのでしょう。遠距離介護に疲れる原因と、遠距離介護をスムーズに行うためのポイントをまとめました。

介護

在宅介護でもう無理だと感じるのは、介護者と要介護者の一対一になってしまっているケースが多くあります。 この記事では、在宅介護での問題や限界を感じたときの対処法についても紹介しています。公的な支援制度を活用しながら、負担軽減に繋げてみてはいかがでしょうか。

介護

老老介護はさまざまな問題が出てくるリスクがあり、近年では国主導の対策も急がれています。少子高齢化社会において、個人でも対策を行っていなければ今後ますます状況が悪化する恐れがあります。 この記事では、老老介護の負担を軽減するために、指摘されている問題点やその解決方法などに加え、活用できる介護の支援サービスについても紹介しています。

介護

高齢化社会の現代では、介護の問題は避けては通れないものとなっています。介護疲れを解消する方法はないか、親をどうやって介護すべきかなど、悩みは尽きないようです。今回は、社会問題ともなっている高齢者介護について解説するとともに、どのような解決策があるのかをご紹介いたします。

介護

介護の経験がない状態から在宅介護に入り、慣れない介護にストレスや限界を感じている人は多いといいます。どういったことにストレスを感じる人が多いのでしょうか。ここでは、在宅介護に多いストレスの原因とその解決策を紹介します。

介護

老老介護の現状は、共倒れリスクと隣合わせになっています。核家族化で他の親族と離れて暮らしているなど、なかなか周囲に助けを求められないことも原因の1つと考えられます。 被介護者・介護者が共倒れてしまう前に、共倒れの原因やリスクを認識し、未然に防ぐために支援サービスなどを積極的に活用していきましょう。

介護

介護が始まると、これまでの日常生活に介護が上乗せされるため、さまざまな負担が加わり、介護疲れを感じる人も多くなります。どのような介護疲れが多いのか、どうすれば介護疲れを軽減できるのか対策もあわせてみていきましょう。

老人ホーム

近年、増え続けている自然災害。将来老人ホームへの入居を検討されている方は、施設の災害時の対応について気になっている方も多いのではないでしょうか。安心して老後の生活を送るためにも、老人ホームの災害対策がきちんと行われているかどうかは、重要なポイントです。 老人ホームによって、入居人数が多い施設や、医療機器を置いている施設などさまざまな特徴があります。それに加えて、災害時にもきちんと対応できるのかどうかは、確認しておく必要があります。 そこで今回の記事では、老人ホームで行われている災害時の対策についてまとめました。老人ホームへの入居を検討されている方は、災害時のチェックポイントの確認のためにも参考にしてみてください。

老人ホーム

本格的な治療をするまでではなくても、足や腰、腕などが痛んで定期的にマッサージを受けている方も少なくないでしょう。通いでマッサージを受けることもできますが、自分で移動することが難しく、訪問マッサージを利用されるケースも多いです。 老人ホームに入居することになった場合、心配なのは引き続きホームでマッサージを受けられるのかということ。老人ホームでの体制はどのようになっているのでしょうか。ホーム内でのマッサージ、ホーム利用中の訪問マッサージについて紹介します。

老人ホーム

老人ホームといえば、看護や介護面でサポートしてくれるイメージがあるのではないでしょうか。間違いではないですが、老人ホームでは介護職員や看護職員以外にもさまざまなスタッフが働いており、入居者の生活のサポートをしています。 ここでは、老人ホームにはどういったスタッフがいるのか、各スタッフの役割と良いスタッフがいる老人ホームの特徴についてみていきましょう。

介護

介護が必要になった方がサービスを利用する際、要介護度がどのくらいかが重要だということを聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。要介護度が高いと、介護が大変でサービスも多く受ける必要があるというイメージを持っている方もいるかもしれません。 要介護度がどのくらいかは、老人ホームへの入居の際も重要なポイントとなります。その段階によって入居できる施設の種類が変わったり、費用に差が出たりするからです。このように介護サービスを受ける上で重要なポイントとなる要介護度ですが、詳しく知らないという方もいるのではないでしょうか。 そこで今回は、要介護度やそれを判定するための要介護認定について解説しました。老人ホームへの入居を検討されている方や、これから要介護度の認定を受けたいという方はぜひ参考にしてみてください。

介護

親の介護は誰しもが直面する問題です。今すぐに介護が必要な状態ではなくても、近い将来に備えて心づもりをしておくと良いでしょう。 今回は親の介護を安心して行うためにしておくべき準備について、また親と離れて住んでいる方にどのような介護の方法があるかをご紹介いたします。

老人ホーム

酸いも甘いも経験し、歳を重ねてこられた高齢者の方々は、充実した素晴らしい経験もあれば、病気という少々やっかいなものとのお付き合いもあることでしょう。 老人ホームへの入居を考える際に気になることのひとつが、入居後の通院です。長年通っている信頼できる病院に、入居後も通えるのかどうかは、健康面でも精神面でも重要なポイントとなります。今回は、老人ホーム入居後の通院について解説いたします。