新着記事Latest Posts

老後の生き方

相続する予定の資産や土地、建物などを所有している場合、できる限り認知症になる前に意思表示を行っておく必要があります。 認知症を発症してから相続対策を行うと、具体的にどのようなトラブルが発生するのでしょうか。 この記事では、認知症と相続対策の関係性や、認知症になる前にできる相続対策について紹介します。 自分の意思表示を元気なうちにしておくことで、将来に対する不安を軽減させられるでしょう。

老後の生き方

老後の生活に向けて、定年後の趣味や仕事、家族との連絡手段など、さまざまなことを考えている方は多いのではないでしょうか。 「終の棲家」も検討しておきたい事柄の1つです。終の棲家とは、生涯を終えるまで生活するための住居のことを指します。 年を重ねると、今の家では生活しにくくなってしまったり、介護が必要になったりすることがあるでしょう。そんなときに備えて、元気なうちから住居スペースを検討しておくことはとても重要です。 この記事では、終の棲家を考えるときに検討しておきたい生活環境や、自宅や病院を終の棲家にする場合に必要な準備について紹介します。

老後の生き方

今の生活に不満がなくても、将来なにが起こるかはわかりません。老後も楽しく暮らすために、どのようなことを考えておくべきなのでしょうか。この記事では、老後を楽しく暮らすための意識すべきことや基準を解説していきます。

老後の生き方

50代、60代となると、友人や知人との会話の中で、「老後どのように過ごすか」「老後も自分らしい生活を送るにはどうするか」といった話題になることもあるでしょう。 年を重ねると、今まで以上に生活に不安がともなうものです。自分らしい生活を続けるには、どのようなことを意識しなければならないのでしょうか。 この記事では、老後も自分らしい暮らしを送るために考えておきたいことを紹介します。

老後の生き方

老後の生活に備えて、今住んでいる家からバリアフリー住宅や部屋数の少ない家、子供の家の近くなどへ住み替えを検討する方もいるでしょう。 この記事では、老後に住み替えを考えるタイミングやきっかけ、住み替え先の候補について紹介します。 住み替え先の候補についてのメリット・デメリットも挙げていますので、検討材料の1つとして役立つでしょう。

老後の生き方

子供たちが独立した後の夫婦にとって、長年住んできたマイホームをどうするかは、悩ましい問題です。夫婦おふたりでは持て余すけれど、売却して手放すのもさみしい気がする、と迷う方が多いのではないでしょうか。 今回は、子供が独立した後の家の活用方法について、それぞれのメリットとデメリットを挙げて紹介いたします。

老後の生き方

相続税とは、亡くなられた方がもっていた金銭や土地、建物などの財産を相続するときに課される税金のことをいいます。原則として経済的な価値があるものはすべて課税対象となるため、なかには終活の一環として相続税対策を行う人もいます。 そこで注目したいことが、土地や建物などの不動産です。持ち家などの不動産を所有していて、自分が亡くなったあとにどうするか気にしているという方も多いのではないでしょうか。不動産は、状況によっては有効な相続税対策のポイントとなる場合があります。 そこで今回は、不動産と相続税についてまとめました。これから相続税対策をしたい方や持ち家をどうしたら良いか迷っている方は特に参考にしてみてください。

老後の生き方

老後の住まいと生活について考えたとき、どのようなイメージを思い浮かべているでしょうか。 「こんな風に暮らしたい」「憧れの生活を実現したい」「子どもの近くに住みたい」など、さまざまな希望があると思います。 また、コロナウイルスの影響から万が一のときにサポートが受けられる環境を求めるニーズも高まりつつあります。 では、安心して老後の生活を送るためには、どのような住まいや生活環境が良いのでしょうか。 この記事では、老後の住まいとして賃貸・戸建てを選ぶ際の問題点に加え、理想を叶えるための住まいのポイントについて紹介します。

老人ホーム

年齢を重ねると、これまで当たり前にできていたことが難しくなり、日常生活にも不便や不満を感じる人は増えてきます。そうした高齢者の日常のサポートとして利用できるのが高齢者住宅や施設です。この記事では、老人ホームも含めた高齢者施設の種類と特徴、元気なうちからの入居は可能かを解説していきます。

老人ホーム

有料老人ホームのなかでも、高級老人ホームへの入居を検討している方は特に、どれぐらいの費用で入居が可能なのかが気になるのではないでしょうか。そこで今回は、高級老人ホームにかかる費用について解説していきます。

老後の生き方

年齢などを理由に、免許の返納を検討している方もいるのではないでしょうか。 高齢ドライバーによる事故などが大きく取り上げられている昨今「もしも自分が事故を起こしてしまったら」という心配もあるでしょう。 一方で、生活の足である自家用車を手放すことから、免許返納後の移動手段について悩んでいる方も多くいます。 この記事では、免許返納後の移動手段として、公共交通機関やタクシーなどを活用するメリット・デメリットについて紹介します。 車を運転しなくても安心して老後の生活を送るにはどうすれば良いか、免許返納後の生活を想定しながら検討してみてはいかがでしょうか。

イベント・ニュース

住宅型有料老人ホーム「ロングライフタウン寝屋川公園」内に商業施設がオープンしました。商業施設の名称は「チャオパルコ」です。

老人ホーム

心身ともに健康的で充実した老後を送るには、老人ホーム選びが重要です。 なぜなら、最期をどのように過ごすかが、自身が選んだ老人ホームによって大きく異なってくるからです。 老人ホームと一口に言っても、その施設の種類や目的は多種多様。なかでも、ハイレベルな環境での生活や、自分らしい生き方を送りたい方などにおすすめなのが、高級老人ホームです。 このページでは、高級老人ホームの特徴やメリットについてご紹介します。 ぜひ検討材料として、こちらの情報をご活用ください。

老後の生き方

体力の衰えとともに、暮らしの中で誰かに手伝ってもらいたいことが増え、「ずっとやってきたことが最近つらくなってきた」、という方はいませんか。 誰かの助けを借りて生活がしたい、そんなときに思い浮かぶことが介護士(ホームヘルパー)という方は多いでしょう。 今回は介護士(ホームヘルパー)へ依頼するにあたって、どういった流れで進めるのか、そして具体的なサービス内容と注意点までたっぷりと解説します。

老後の生き方

日本人は平均寿命が長く、長寿大国ともいわれていることをご存知の方は多いでしょう。長生きするのは喜ばしいことではありますが、ここで非常に重要なキーワードとなるのが「健康寿命」です。 今回は平均寿命と健康寿命について解説するとともに、老後を健康的に生き生きと過ごすヒントについてお伝えします。

老後の生き方

人生100年時代と言われるようになり、長生きする人が珍しいことではなくなりました。そんな中、長生きするのであれば健康で楽しく生きていきたいと思う人は多いのではないでしょうか。 しかし、年齢を重ねていくと、病気になったり体力が衰えたりする可能性は増えてしまいます。そこで今回は、できるだけそのリスクを避けつつ、健康に長生きして楽しく生活するためのヒントをまとめました。

老後の生き方

定年後に、新たに資格を取得するシニア世代の方は多くいます。 老後の趣味の知見を深めるためだけでなく、再雇用を受けて働くうえでも役立つため、セカンドライフをより充実したものにすることができるでしょう。 この記事では、定年後に取得を目指す際におすすめの資格の種類や、資格を取得することのメリットについて紹介しています。

老後の生き方

人生100年時代との考え方から、定年前の段階で定年後の生活について計画しておく方も増加傾向にあります。 金銭面や子ども・孫との関係性、夫婦間で認識の共有を行うなど、さまざまな事柄について想定しておくことが大切です。 また、生き生きとした老後の生活を送るためにも、やりたいことやはじめたい趣味などを検討してみてはいかがでしょうか。 この記事では、定年前に考えておくべき定年後の生活について、5つのパターンから設計方法について紹介しています。

老後の生き方

「ゆったりと体をのばし、さまざまなポーズをとるヨガは、気持ち良さそうで気分もすっきりしそう。だけど60歳を過ぎてからヨガをはじめるのは、年齢的に無理があるのでは。」そう感じている方もいるでしょう。しかし、そんなことはありません。 今回は、60代にもおすすめのヨガをご紹介し、気をつけたいポイントなどもお伝えします。

老後の生き方

健康を意識して日常に取り入れやすそうな運動をはじめてみたいと思っているシニアも多いことでしょう。高齢者におすすめなのは、有酸素運動です。 有酸素運動とは、酸素を取り入れながら行う長時間の運動のことで、ジョギングにウォーキング、水泳やエアロビクスが有酸素運動になります。なぜ有酸素運動が高齢者に良いのか、おすすめの理由と高齢者でも続けやすい有酸素運動について、この記事では見ていきましょう。