新着記事Latest Posts

老後の生き方

定年退職などをきっかけに老後の生活について考えたとき、自分自身の「終活」を検討する方も多いのではないでしょうか。 エンディングノートは終活の1つとしてイメージすることが多いものですが、年齢関係なく人生の振り返りとして活用できるものです。 この記事では、エンディングノートとはなにか、遺言書などとの違いや具体的な書き方の例について紹介します。 また、エンディングノートを書いた後に検討すべきことについても紹介していますので、セカンドライフのスタートにぜひ役立ててください。

老後の生き方

人生の最期を自分らしく送るために、終活をはじめる人が増えてきました。 それでは、セカンドライフを充実したものにするには、いつから終活をはじめるべきなのでしょうか。 この記事では、終活のタイミングとメリット、終活で行うことを紹介します。

老後の生き方

近年、老後にしておきたいこととして「終活」が話題になることが多くなりました。テレビや雑誌などで一度は聞いたり目にしたりしたことがある方も多いのではないでしょうか。 その中で、終活というとネガティブなイメージが先行してあまり気乗りしないという方もいるかもしれません。しかし、終活は未来を明るくするポジティブなことです。 そこで今回は、終活についての基本的な知識やメリットについてまとめました。 定年を迎えてこれから少しずつ終活のことを考えたいという方や、終活のことをよく知らないという方はぜひ参考にしてください。

老後の生き方

安心してセカンドライフを送るためには、終活も進めていきたいところです。この記事では、終活の中でも「不動産」に焦点を当てて、終活で不動産について考えるべき理由、不動産の整理について説明します。

老後の生き方

認知症予防のために、生活習慣の見直しを考えている方も多いのではないでしょうか。生活習慣の中でも、運動は脳の活性化に役立つとされる方法の1つとして、注目されています。 運動することで適度な筋力を身に付けることは、認知症予防に加えてケガの予防などにも効果が期待できます。 では、具体的にどのような運動を取り入れるべきなのでしょうか。 この記事では、運動が認知症予防に良いといわれている理由やおすすめの運動法、無理なく続けるためのコツについて紹介しています。 セカンドライフを長く健康に過ごすための一助として、ぜひ取り入れてみてください。

老後の生き方

日本は世界から見ても有数の長寿国です。近年では「人生100年時代」と呼ばれるようになり、長い人生をより健康的に生きるために健康寿命を延ばす取り組みが関心を集めています。 健康寿命を延ばすために考えたいことが「認知症予防」です。認知症の予防にはさまざまな方法が考えられますが、そのなかでも食事の見直しは積極的に改善したい項目の1つです。 では、認知症の予防が期待できるとされている食材には、どのようなものがあるのでしょうか。 この記事では、認知症予防に良いとされている食材や、食事の取り方におけるポイントについて紹介します。

老後の生き方

相続する予定の資産や土地、建物などを所有している場合、できる限り認知症になる前に意思表示を行っておく必要があります。 認知症を発症してから相続対策を行うと、具体的にどのようなトラブルが発生するのでしょうか。 この記事では、認知症と相続対策の関係性や、認知症になる前にできる相続対策について紹介します。 自分の意思表示を元気なうちにしておくことで、将来に対する不安を軽減させられるでしょう。

老後の生き方

老後の生活に向けて、定年後の趣味や仕事、家族との連絡手段など、さまざまなことを考えている方は多いのではないでしょうか。 「終の棲家」も検討しておきたい事柄の1つです。終の棲家とは、生涯を終えるまで生活するための住居のことを指します。 年を重ねると、今の家では生活しにくくなってしまったり、介護が必要になったりすることがあるでしょう。そんなときに備えて、元気なうちから住居スペースを検討しておくことはとても重要です。 この記事では、終の棲家を考えるときに検討しておきたい生活環境や、自宅や病院を終の棲家にする場合に必要な準備について紹介します。

老後の生き方

今の生活に不満がなくても、将来なにが起こるかはわかりません。老後も楽しく暮らすために、どのようなことを考えておくべきなのでしょうか。この記事では、老後を楽しく暮らすための意識すべきことや基準を解説していきます。

老後の生き方

50代、60代となると、友人や知人との会話の中で、「老後どのように過ごすか」「老後も自分らしい生活を送るにはどうするか」といった話題になることもあるでしょう。 年を重ねると、今まで以上に生活に不安がともなうものです。自分らしい生活を続けるには、どのようなことを意識しなければならないのでしょうか。 この記事では、老後も自分らしい暮らしを送るために考えておきたいことを紹介します。

老後の生き方

老後の生活に備えて、今住んでいる家からバリアフリー住宅や部屋数の少ない家、子供の家の近くなどへ住み替えを検討する方もいるでしょう。 この記事では、老後に住み替えを考えるタイミングやきっかけ、住み替え先の候補について紹介します。 住み替え先の候補についてのメリット・デメリットも挙げていますので、検討材料の1つとして役立つでしょう。

老後の生き方

子供たちが独立した後の夫婦にとって、長年住んできたマイホームをどうするかは、悩ましい問題です。夫婦おふたりでは持て余すけれど、売却して手放すのもさみしい気がする、と迷う方が多いのではないでしょうか。 今回は、子供が独立した後の家の活用方法について、それぞれのメリットとデメリットを挙げて紹介いたします。

老後の生き方

相続税とは、亡くなられた方がもっていた金銭や土地、建物などの財産を相続するときに課される税金のことをいいます。原則として経済的な価値があるものはすべて課税対象となるため、なかには終活の一環として相続税対策を行う人もいます。 そこで注目したいことが、土地や建物などの不動産です。持ち家などの不動産を所有していて、自分が亡くなったあとにどうするか気にしているという方も多いのではないでしょうか。不動産は、状況によっては有効な相続税対策のポイントとなる場合があります。 そこで今回は、不動産と相続税についてまとめました。これから相続税対策をしたい方や持ち家をどうしたら良いか迷っている方は特に参考にしてみてください。

老後の生き方

老後の住まいと生活について考えたとき、どのようなイメージを思い浮かべているでしょうか。 「こんな風に暮らしたい」「憧れの生活を実現したい」「子どもの近くに住みたい」など、さまざまな希望があると思います。 また、コロナウイルスの影響から万が一のときにサポートが受けられる環境を求めるニーズも高まりつつあります。 では、安心して老後の生活を送るためには、どのような住まいや生活環境が良いのでしょうか。 この記事では、老後の住まいとして賃貸・戸建てを選ぶ際の問題点に加え、理想を叶えるための住まいのポイントについて紹介します。

老後の生き方

年齢などを理由に、免許の返納を検討している方もいるのではないでしょうか。 高齢ドライバーによる事故などが大きく取り上げられている昨今「もしも自分が事故を起こしてしまったら」という心配もあるでしょう。 一方で、生活の足である自家用車を手放すことから、免許返納後の移動手段について悩んでいる方も多くいます。 この記事では、免許返納後の移動手段として、公共交通機関やタクシーなどを活用するメリット・デメリットについて紹介します。 車を運転しなくても安心して老後の生活を送るにはどうすれば良いか、免許返納後の生活を想定しながら検討してみてはいかがでしょうか。

老後の生き方

体力の衰えとともに、暮らしの中で誰かに手伝ってもらいたいことが増え、「ずっとやってきたことが最近つらくなってきた」、という方はいませんか。 誰かの助けを借りて生活がしたい、そんなときに思い浮かぶことが介護士(ホームヘルパー)という方は多いでしょう。 今回は介護士(ホームヘルパー)へ依頼するにあたって、どういった流れで進めるのか、そして具体的なサービス内容と注意点までたっぷりと解説します。

老後の生き方

日本人は平均寿命が長く、長寿大国ともいわれていることをご存知の方は多いでしょう。長生きするのは喜ばしいことではありますが、ここで非常に重要なキーワードとなるのが「健康寿命」です。 今回は平均寿命と健康寿命について解説するとともに、老後を健康的に生き生きと過ごすヒントについてお伝えします。

老後の生き方

人生100年時代と言われるようになり、長生きする人が珍しいことではなくなりました。そんな中、長生きするのであれば健康で楽しく生きていきたいと思う人は多いのではないでしょうか。 しかし、年齢を重ねていくと、病気になったり体力が衰えたりする可能性は増えてしまいます。そこで今回は、できるだけそのリスクを避けつつ、健康に長生きして楽しく生活するためのヒントをまとめました。