新着記事Latest Posts

介護

2021年11月8日に、世界的に深刻化する超高齢社会の課題を考える機会として『第17回ロングライフ国際学会』が開催されました。今回は、ロングライフ国際学会で発表された、エルケア株式会社「エルケア船橋入浴センター」の事例をご紹介します。 発表者はエルケア船橋訪問入浴センターの山田耕平さんです。

介護

2021年11月8日に、世界的に深刻化する超高齢社会の課題を考える機会として『第17回ロングライフ国際学会』が開催されました。今回は、ロングライフ国際学会で発表された、ロングライフメディカル株式会社「神戸訪問歯科サポートセンター」の事例をご紹介します。 発表者は神戸訪問歯科サポートセンターの玉田裕亮さんです。

老人ホーム

ロングライフの有料老人ホームで行われている体操に、「ロングライフ体操」というロングライフがオリジナルで開発した体操があります。「ヘルス&ナチュラルビューティ」スポーツ部門のエグゼクティブマネジャーでシドニー五輪テコンドー銅メダリストの岡本依子さんが開発したこの体操は、立ちながら行うことはもちろん、座りながらでも行うことができ、全身が動かせて気分もハツラツとすると評判です。開発者の岡本依子さんに、体操のポイントと効果や目的についてうかがいました。

老後の生き方

悲しい時、うれしい時、感動した時、人は涙を流します。泣いたあと、なんとなく気分がすっきりした経験はありませんか? それにはどんな理由があるのでしょうか。「涙活(るいかつ)」講師として、様々な場所で活躍されている放送作家の橋本昌人さんに、お話を伺いました。

老後の生き方

健康でいるのに有用とされる、ビタミンに似た成分「NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)」。世界中のエイジングケア研究者が注目し、日々の食事やサプリメントで補うことを推奨しています。 ロングライフグループでは、独自に開発したNMNサプリメント「Long Life NMN(ロングライフ エヌエムエヌ)」を、4月20日より予約販売を開始しました。これまでのNMNサプリメントとは一線を画す「Long Life NMN」について、また、長く健康を維持することについて、開発に基礎設計から関わったエグゼクティブマネージャーの石黒伸医師にお話をうかがいました。

老後の生き方

生命力に満ち、栄養も格段にある昔ながらの自然野菜、浪速の伝統野菜を復興させようと長年努力されてきた浪速割烹㐂川の創業者、上野修三さんにお話を伺い、「料理人より絵かきになりたかった」と言われるほど美しい挿絵と共にお届けします。 キャプション/クレジット りんどうの花 (画:上野修三)

老後の生き方

市野雅彦氏は、1995年、作品「開」で日本陶芸展大賞を、当時34歳という史上最年少の若さで受賞し、注目をあびました。その後も、日本陶磁協会賞、兵庫県文化賞を受賞。国内外の展覧会へ招聘され、2011年JR大阪三越伊勢丹美術画廊のこけら落としの個展も注目を集めました。日本陶芸展大賞受賞から25年が過ぎた2021年2月、大阪・阪急うめだ本店、阪急うめだギャラリーで開催された「市野雅彦陶展 諦観-今を生きる―」を終えた市野氏の工房を訪ねました。 写真:城紋器。兵庫県丹波篠山市の篠山城の石垣の刻印をデザインした。

老人ホーム

赤い屋根が連なるフィレンツェの美しい街並みを思わせる「ロングライフタウン寝屋川公園」。最寄り駅は京阪本線「寝屋川市駅」とJR学研都市線「寝屋川公園駅」。鉄道2路線のほぼ中間にあります。2020年4月にオープンしたばかりの施設、ここでどんな暮らしが営まれているのでしょうか。

老人ホーム

ロングライフタウン寝屋川公園 ~フィレンツェの丘~ W.R様(2020年12月入居)

老後の生き方

兵庫県は日本海と瀬戸内海の両方に面した南北に長い県です。そのほぼ中央エリアにある丹波市は、山々に囲まれた田園風景が広がるのどかなまちです。悠久の歴史を刻んできた寺社や城跡なども数多くあり、何度訪れても飽きることがありません。もうすぐ桜の季節、春の丹波路の旅を計画してみませんか。

老後の生き方

箱根・芦ノ湖といえば、都心から便利に行ける保養地として知られています。風光明媚な環境に加えて、近年はパワースポットとしても人気があり、実は関西方面からのリピーターも多いのです。観光地をあわただしくめぐるのではなく、その土地の魅力をゆっくりと体感する大人の旅にぴったりの場所。今回は芦ノ湖周辺の魅力をお伝えしましょう。

老後の生き方

定年退職などをきっかけに老後の生活について考えたとき、自分自身の「終活」を検討する方も多いのではないでしょうか。 エンディングノートは終活の1つとしてイメージすることが多いものですが、年齢関係なく人生の振り返りとして活用できるものです。 この記事では、エンディングノートとはなにか、遺言書などとの違いや具体的な書き方の例について紹介します。 また、エンディングノートを書いた後に検討すべきことについても紹介していますので、セカンドライフのスタートにぜひ役立ててください。

老後の生き方

人生の最期を自分らしく送るために、終活をはじめる人が増えてきました。 それでは、セカンドライフを充実したものにするには、いつから終活をはじめるべきなのでしょうか。 この記事では、終活のタイミングとメリット、終活で行うことを紹介します。

老後の生き方

近年、老後にしておきたいこととして「終活」が話題になることが多くなりました。テレビや雑誌などで一度は聞いたり目にしたりしたことがある方も多いのではないでしょうか。 その中で、終活というとネガティブなイメージが先行してあまり気乗りしないという方もいるかもしれません。しかし、終活は未来を明るくするポジティブなことです。 そこで今回は、終活についての基本的な知識やメリットについてまとめました。 定年を迎えてこれから少しずつ終活のことを考えたいという方や、終活のことをよく知らないという方はぜひ参考にしてください。

老後の生き方

安心してセカンドライフを送るためには、終活も進めていきたいところです。この記事では、終活の中でも「不動産」に焦点を当てて、終活で不動産について考えるべき理由、不動産の整理について説明します。

老後の生き方

認知症予防のために、生活習慣の見直しを考えている方も多いのではないでしょうか。生活習慣の中でも、運動は脳の活性化に役立つとされる方法の1つとして、注目されています。 運動することで適度な筋力を身に付けることは、認知症予防に加えてケガの予防などにも効果が期待できます。 では、具体的にどのような運動を取り入れるべきなのでしょうか。 この記事では、運動が認知症予防に良いといわれている理由やおすすめの運動法、無理なく続けるためのコツについて紹介しています。 セカンドライフを長く健康に過ごすための一助として、ぜひ取り入れてみてください。

老後の生き方

日本は世界から見ても有数の長寿国です。近年では「人生100年時代」と呼ばれるようになり、長い人生をより健康的に生きるために健康寿命を延ばす取り組みが関心を集めています。 健康寿命を延ばすために考えたいことが「認知症予防」です。認知症の予防にはさまざまな方法が考えられますが、そのなかでも食事の見直しは積極的に改善したい項目の1つです。 では、認知症の予防が期待できるとされている食材には、どのようなものがあるのでしょうか。 この記事では、認知症予防に良いとされている食材や、食事の取り方におけるポイントについて紹介します。

老後の生き方

相続する予定の資産や土地、建物などを所有している場合、できる限り認知症になる前に意思表示を行っておく必要があります。 認知症を発症してから相続対策を行うと、具体的にどのようなトラブルが発生するのでしょうか。 この記事では、認知症と相続対策の関係性や、認知症になる前にできる相続対策について紹介します。 自分の意思表示を元気なうちにしておくことで、将来に対する不安を軽減させられるでしょう。