暮らすように過ごすゆとりの旅 ~箱根・芦ノ湖~

箱根・芦ノ湖といえば、都心から便利に行ける保養地として知られています。風光明媚な環境に加えて、近年はパワースポットとしても人気があり、実は関西方面からのリピーターも多いのです。観光地をあわただしくめぐるのではなく、その土地の魅力をゆっくりと体感する大人の旅にぴったりの場所。今回は芦ノ湖周辺の魅力をお伝えしましょう。


この記事は約9分で読み終わります。

箱根神社と九頭龍神社

元箱根で両社参り

作家の司馬遼太郎氏は、芦ノ湖の水の美しさを「箱根権現の神の衣の色」と書き記しています。その美しい湖は聖なる湖でもあり、修験道の修行をする山伏が、みそぎをする場所でもありました。芦ノ湖のほとりには箱根神社、その横に九頭龍神社の新宮、芦ノ湖の奥に九頭龍神社の本宮があります。金運アップや良縁にご利益があるそうで、九頭龍神社と箱根神社両方に参る、両社参りに訪れる人も多いのです。箱根神社の本殿へは、樹齢600~800年以上といわれる杉並木の参道を歩いていきます。まっすぐに天に向かって伸びる杉のりりしい姿に、こちらも背筋が伸びるようです。

本殿に参拝したら、長い石段を芦ノ湖に向かって下りていきます。湖に立つ朱色の鳥居ごしに見る芦ノ湖の美しさは神々しくすらあります。

九頭龍神社の新宮はすぐ隣なので、こちらも合わせてお参りしておきましょう。昔々、芦ノ湖には9つの頭を持つ毒龍がいて、嵐を呼んで村人を苦しめていたのを、奈良時代の高僧「万巻上人」の祈りによって改心したため、龍神として祀ったという伝説があります。

注目のパワースポット九頭龍神社本宮

急ぎの旅でないなら、芦ノ湖沿いに九頭龍神社の本宮まで足をのばしてみましょう。本宮は、箱根九頭龍の森にあります。入場口で入場料を払って敷地内に入り、芦ノ湖沿いに森の小道を歩いていると、澄んだ空気がとても心地良いのです。10分か15分か、時間の感覚がなくなるほどです。

湖の中に立つ鳥居、そして九頭龍神社の小さな本殿。鳥の声とさざ波の音だけが聞こえる静かな空間で、おごそかな気持ちで手を合わせます。毎月13日の10時から行われる月例祭には多くの人が参拝に訪れます。バス停や駐車場からはトータルで30分ほど歩くことになるのですが、本宮近くの桟橋までモーターボートで来ることもできるので観光協会や宿泊施設に問い合わせてください。

・箱根九頭龍の森(入場料大人500円、子供250円)

毎月13日の午前中、月次祭参列者は無料

目次へ

船上から眺める絶景

芦ノ湖を船で遊覧

湖の上をゆうゆうと走る船が自然豊かな景色に彩りを添えています。芦ノ湖では2社が遊覧船を運行しています。一つは芦ノ湖遊覧船で4隻あります。特等席は2階の前方で、見晴らしは抜群。もう一つは箱根海賊船で3隻あり、海賊に扮したスタッフと一緒に写真を撮ることができます。

東側は湖畔にある箱根神社や九頭龍神社、ホテルなどを見ることができ、西側は美しい山々、天候とタイミングがよければ富士山が見えることもあります。

遊覧船の他に、モーターボートでのクルージングもあり、芦ノ湖の絶景を湖上から堪能することができます。

目次へ

駒ケ岳の山頂にある箱根神社元宮へ

ロープウェイで天空の神社へ

芦ノ湖の東側にそびえる駒ケ岳の山頂には、箱根元宮がまつられています。ふもとから標高1356メートルの山頂まではロープウェイで約7分。眼下に20メートル級のヒノキの森と芦ノ湖が見えます。山頂で降りると空気がひんやりと感じ、神社の他は何も建物がない景色は下界とは違う雰囲気です。展望スペースからは、駿河湾と相模湾も見渡せます。

希少な高山植物が咲く山頂を神社を目指して歩きます。ここは箱根神社の奥宮として1964年に社が建てられました。土曜と日曜、宮司様が上がってこられる時間は社の扉が開き、お社の中に入っておまいりすることができます。

富士山を拝む感動

すぐに下山するのはもったいないので、お社の近くで腰をおろして、心静かなひとときを過ごしてみましょう。山頂付近は霧に包まれることがあり、視界が遮られた状態はとっても幻想的。強い風が吹くと霧は一瞬で晴れて、遠くに見覚えのある稜線が見えてきました。南アルプスの山々を従えて姿を現した富士山は、まさに霊峰。神々しくも美しく、感動が満ちてきます。

目次へ

かつて旅人を見守った元箱根石仏群

大切に残されている鎌倉時代の摩崖仏

上二子山と駒ヶ岳の鞍部にある精進池(しょうじんがいけ)のほとりに元箱根石仏群があります。上二子山の溶岩でできた崖に彫られた磨崖仏(まがいぶつ)、そして溶岩を切り出して造った宝篋印塔(ほうきょういんとう)があります。かつてこの周辺は、噴煙が立ち上る荒涼たる風景だったため、地獄のようだと恐れられていました。そのため、旅人を救う仏様として地蔵菩薩をまつる石仏や石塔が造られたのです。今から約700 年ほど前、鎌倉時代後期のことだそうです。

目次へ

湖畔で素敵なティータイムを

サロン・ド・テで優雅にすごす

元箱根にある「小田急 山のホテル」直営デザートレストラン「プレミアムショップ&サロン・ド・テ ロザージュ」は、湖畔ならではの清々しい空気を感じながら、おしゃれで優雅なティータイムを過ごすことができます。

1995(平成7)年に「おいしい紅茶の店」として日本紅茶協会の認定を受けた同店は、専属のティーインストラクターが厳選した紅茶を常時20種類以上も用意しています。

オリジナルブレンドの「ロザージュティー」は、キームンとセイロンのブレンドティーにフランボワーズとルバーブの香りを加えた、華やかで風味豊かな紅茶です。香りが強いので、冷めてもおいしく、苦みがないのが特長です。

絶品スイーツを味わう至福の時間

スイーツは「ロザージュ伝統のあつあつりんごパイ~バニラアイス添え~」がおすすめ。パイ生地の上に生のりんごをバラのように飾り、砂糖とシナモンで味付けをしてオーブンで焼き上げています。熱々の状態でテーブルに運ばれた後、目の前で仕上げのドレッサージュ(盛り付け)。

5種類のフルーツソースを使い、絵のパターンはそのときによって変わります。崩すのがもったいない綺麗さで、もはや芸術品の域!リンゴにシナモンの風味、そしてフルーツソースのさわやかな甘味がベストマッチ。

●プレミアムショップ&サロン・ド・テ ロザージュ

住所 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80(山のホテル別館)

電話 0460-83-6321

https://www.hakone-hoteldeyama.jp/restaurant/rosage/

目次へ

ハイクラスなヴィラでくつろぎの時間を

とき ホリデー&ヴィラステイ 箱根別邸

かつて箱根では、「富士の見える場所に温泉は湧かない」とされていたそうですが、1966(昭和41)年、湯ノ花沢温泉から湯を引いて芦ノ湖温泉が誕生しました。ホテルに滞在するのもいいものですが、心からゆっくり、そして気ままに過ごせるのが、会員制の1棟貸しのヴィラです。今回はロングライフグループが運営する「とき ホリデー&ヴィラステイ 箱根別邸」にステイしました。

芦ノ湖から車で5分ほどの高台にあり、とても静かな環境です。門を入ると、広い敷地にゆったりと建つ1軒家が8棟。それぞれの建物の窓や玄関の位置が計算されていて、他のお客様と顔を合わせず、プライベートを満喫できるつくりになっています。チェックインをして部屋に入ると、自宅と同じ感覚でくつろげます。

案内されたのはプレミアムヴィラ「箱根うつぎ」。キッチンとリビング、そして2つのベッドルーム、テラス、露天風呂付き。飾られているのは可憐な生花、ふわりと漂う薫香は京都の老舗・松栄堂のもので、調度類一つ一つへの気配りも感じられます。

高い天井は解放感いっぱい、ゆったりしたソファーに座って窓の外をながめているだけで、心身ともにリラックス。自分の別荘にいるような感覚ですが、別荘と違って管理する手間がかからず、ホテルよりもプライベート感がある、これこそが会員制リゾートの良さだと、あらためて実感しました。

部屋付きの露天風呂に癒されて

部屋のお風呂は、桧の内湯と信楽焼の露天風呂です。源泉かけ流しの贅沢な湯を独り占めできるので、何度でも湯につかりたくなります。箱根にある源泉の中でも特別優れた泉質のアルカリ単純温泉で、神経痛、筋肉痛、冷え性などによいとされています。内湯は少し熱めの温度であとから水を加えて調節できるように、露天風呂は24時間自動循環システムで常に適温が保たれています。冷え込む箱根の冬でも快適な温度ですぐにお湯に入れます。

ベッドはスウェーデンのデュクシアーナベッド。ドバイの七つ星ホテルや、ノーベル賞授賞式の際に受賞者が泊まるストックホルムのホテルで利用されているブランドです。睡眠中の身体の動きに自然にフィットするマットレスが、深い眠りへと誘います。備え付けの白いパジャマの着心地も抜群です。

美と健康につながる料理を味わう

箱根はレストランも多いので外食してもいいし、部屋で料理してもテイクアウトを持ち込んでもいいのですが、フロント棟にあるレストランの味も捨てがたいのです。

レストランは和モダンな雰囲気で見晴らしも抜群。

夕食は和食とフランス料理から選びます。「美と健康につながるように、栄養バランスを考えて選んだ食材をコースに組み入れています」と料理長。地元の食材を使った料理は、箱根の魅力を存分に感じられます。ワインの種類も豊富で、フランスワインを中心にイタリアやスペインのものもそろっています。ほとんどの人が連泊するため、メニューは毎日変わります。

朝食もレストランでとることができます。席に着くと、温かい静岡茶が出て、和食が運ばれてきました。魚は近海でとれたほっけ、小田原の厚揚げは含め煮に。土鍋炊きのご飯は小田原産のコシヒカリです。普段はしない、ご飯のお代わりもおいしさのあまり……。

気候がよい時期はレストランのテラスで朝食をとったりお茶をするのも気持ちいいもの。駒ケ岳の新緑、夏の緑、紅葉と、季節によって様々な景色を楽しむことができます。コーヒーは、食事以外の時間でもダイニングで注文することができます。

また、ランチは予約制で創作フレンチのコースを楽しめます。外に出なくても食事ができるので、ゆっくり滞在を満喫できますね

オープンカーで颯爽とドライブ

芦ノ湖を中心に、ゆっくりすごす時間は何ものにも代えがたいものです。宿泊者用のレンタカーとして、レンジローバーが用意されているので、フルオープンにして箱根の緑の中をドライブしたり、芦ノ湖畔の無料駐車場に車を停めて、話題の店を訪ねてみるのもいいでしょう。観光スポットもたくさんあるので、ゆったりスケジュールを組んで、箱根を満喫しましょう。

■おすすめポイント

階段のステップは広い幅で、低い段差になっており、もちろん手すりもあって、高齢者でも安全に上り下りすることができます。また、館内に設置されている電動折り畳み車椅子は、安全性と機能性に優れたラスレルの製品で、少々の坂道でも快適に移動できます。支配人以下、スタッフ全員が介護の資格を持っており、高齢の方も快適にすごせるように様々な配慮がなされています。

最後に

ロングライフ有料老人ホーム、グループホームにご入居のお客様は、ロングライフリゾートが運営する「ときリゾート」を特別割引価格にてご利用可能いただけます。

箱根以外に函館、由布院、石垣島の全国4カ所展開するときリゾートは全てがヴィラ、コテージの戸建てタイプとなり、ご家族の時間が大切にできる大自然に包まれた空間となり、お客様にご満足いただいております。

● 日本ロングライフ株式会社

https://www.j-longlife.co.jp/

お電話でのお問い合わせ:0120-550-294

(年中無休 9:00~18:00)

 

●ロングライフリゾート株式会社

https://www.longlife-resort.jp/

お電話でのお問い合わせ:0120-140-142

(年中無休 9:30~18:00)

目次へ

ホテルのような我が家。住宅型有料老人ホーム日本ロングライフ