"生活"keywords

老人ホーム

有料老人ホームを運営するロングライフグループの大阪本社では、毎月、ホームでご提供する献立を決めるミーティングが行われています。参加するのは「ヘルス&ナチュラルビューティ」エグゼクティブマネジャーで医師の石黒伸先生とシドニー五輪テコンドー銅メダリストの岡本依子さんをはじめ、ロングライフダイニングの代表、管理栄養士、同社担当スタッフの面々。どのようなミーティングを経て献立が決まっていくのか、今回はその様子をレポートします。

老後の生き方

定年退職などをきっかけに老後の生活について考えたとき、自分自身の「終活」を検討する方も多いのではないでしょうか。 エンディングノートは終活の1つとしてイメージすることが多いものですが、年齢関係なく人生の振り返りとして活用できるものです。 この記事では、エンディングノートとはなにか、遺言書などとの違いや具体的な書き方の例について紹介します。 また、エンディングノートを書いた後に検討すべきことについても紹介していますので、セカンドライフのスタートにぜひ役立ててください。

老後の生き方

認知症予防のために、生活習慣の見直しを考えている方も多いのではないでしょうか。生活習慣の中でも、運動は脳の活性化に役立つとされる方法の1つとして、注目されています。 運動することで適度な筋力を身に付けることは、認知症予防に加えてケガの予防などにも効果が期待できます。 では、具体的にどのような運動を取り入れるべきなのでしょうか。 この記事では、運動が認知症予防に良いといわれている理由やおすすめの運動法、無理なく続けるためのコツについて紹介しています。 セカンドライフを長く健康に過ごすための一助として、ぜひ取り入れてみてください。

老後の生き方

日本は世界から見ても有数の長寿国です。近年では「人生100年時代」と呼ばれるようになり、長い人生をより健康的に生きるために健康寿命を延ばす取り組みが関心を集めています。 健康寿命を延ばすために考えたいことが「認知症予防」です。認知症の予防にはさまざまな方法が考えられますが、そのなかでも食事の見直しは積極的に改善したい項目の1つです。 では、認知症の予防が期待できるとされている食材には、どのようなものがあるのでしょうか。 この記事では、認知症予防に良いとされている食材や、食事の取り方におけるポイントについて紹介します。

老後の生き方

老後の生活に向けて、定年後の趣味や仕事、家族との連絡手段など、さまざまなことを考えている方は多いのではないでしょうか。 「終の棲家」も検討しておきたい事柄の1つです。終の棲家とは、生涯を終えるまで生活するための住居のことを指します。 年を重ねると、今の家では生活しにくくなってしまったり、介護が必要になったりすることがあるでしょう。そんなときに備えて、元気なうちから住居スペースを検討しておくことはとても重要です。 この記事では、終の棲家を考えるときに検討しておきたい生活環境や、自宅や病院を終の棲家にする場合に必要な準備について紹介します。

老後の生き方

50代、60代となると、友人や知人との会話の中で、「老後どのように過ごすか」「老後も自分らしい生活を送るにはどうするか」といった話題になることもあるでしょう。 年を重ねると、今まで以上に生活に不安がともなうものです。自分らしい生活を続けるには、どのようなことを意識しなければならないのでしょうか。 この記事では、老後も自分らしい暮らしを送るために考えておきたいことを紹介します。

老後の生き方

老後の生活に備えて、今住んでいる家からバリアフリー住宅や部屋数の少ない家、子供の家の近くなどへ住み替えを検討する方もいるでしょう。 この記事では、老後に住み替えを考えるタイミングやきっかけ、住み替え先の候補について紹介します。 住み替え先の候補についてのメリット・デメリットも挙げていますので、検討材料の1つとして役立つでしょう。

老後の生き方

子供たちが独立した後の夫婦にとって、長年住んできたマイホームをどうするかは、悩ましい問題です。夫婦おふたりでは持て余すけれど、売却して手放すのもさみしい気がする、と迷う方が多いのではないでしょうか。 今回は、子供が独立した後の家の活用方法について、それぞれのメリットとデメリットを挙げて紹介いたします。

老後の生き方

老後の住まいと生活について考えたとき、どのようなイメージを思い浮かべているでしょうか。 「こんな風に暮らしたい」「憧れの生活を実現したい」「子どもの近くに住みたい」など、さまざまな希望があると思います。 また、コロナウイルスの影響から万が一のときにサポートが受けられる環境を求めるニーズも高まりつつあります。 では、安心して老後の生活を送るためには、どのような住まいや生活環境が良いのでしょうか。 この記事では、老後の住まいとして賃貸・戸建てを選ぶ際の問題点に加え、理想を叶えるための住まいのポイントについて紹介します。

老後の生き方

人生100年時代との考え方から、定年前の段階で定年後の生活について計画しておく方も増加傾向にあります。 金銭面や子ども・孫との関係性、夫婦間で認識の共有を行うなど、さまざまな事柄について想定しておくことが大切です。 また、生き生きとした老後の生活を送るためにも、やりたいことやはじめたい趣味などを検討してみてはいかがでしょうか。 この記事では、定年前に考えておくべき定年後の生活について、5つのパターンから設計方法について紹介しています。

老後の生き方

「退職して、一区切りがついて、さてこれからどうしていこうか」と、新たなライフスタイルに思い悩む方もおられるでしょう。理想とされるシニアのライフスタイルとはどういったものなのでしょうか。最近耳にする機会も多くなったアクティブシニアについてもあわせて紹介します。

老後の生き方

「定年後はもっと気楽に暮らせると思っていたものの、いざ定年を迎えると何をして良いかわからない…。」毎日のルーティンがなくなって生活習慣が乱れてしまったという方もいるかもしれません。 定年後のセカンドライフを充実させるには、どのような工夫が必要になるのでしょうか。セカンドライフを楽しむために必要な要素、意識したい過ごし方のヒントをこの記事では紹介します。

老後の生き方

人生100年時代といわれる今、シニア世代の中にはセカンドライフをどのように過ごそうかお悩みの方もいらっしゃることでしょう。今回取り上げたいのが「生きがい」という言葉です。 「仕事が生きがいだった自分にとって、定年後はこれといった趣味がない」、という方でも、不安になる必要はありません。視点を少し変えるだけで、「生きがい」は意外と身近な場所で見つかることがありますよ。今回は、シニアにとって重要な生きがいについて解説いたします。

老後の生き方

仕事や子育てから解放されたシニア世代にとって、まだまだ続く長い人生をどうやって楽しむかは、大きなテーマになっています。 ずっとやってみたかった趣味にチャレンジする方や、ボランティアで地域に協力している方、ご家族とゆっくりと過ごす時間を増やす方もいることでしょう。 しかし、その前提となるのは、この先長く健康でいられる体です。特に今までの生活で運動不足を感じている方は、まずはトレーニングで筋力アップからはじめてみませんか。

老後の生き方

無理なく趣味を楽しむために確認すべきこと シニアの方々が趣味を楽しむときに気をつけておきたいことが、「無理なく」行うこと … 続きを読む アクティブシニアにおすすめの趣味を紹介!人生をより豊かなものにしよう

老後の生き方

老後の趣味は、健康寿命を延伸することに役立つだけでなく、子育てや仕事を終えたシニア世代だからこそ楽しめるものでもあります。 この記事では、老後の趣味として女性に人気のある趣味について、一人もしくは仲間と楽しめるものを3選ずつ紹介しています。

老後の生き方

シニア世代のスポーツは、体を動かすことによる筋肉の維持や認知症予防などをはじめ、多くのメリットがあります。 この記事では、体を動かすことのメリットに加え、シニア世代に人気のスポーツについて特徴をまじえて紹介しています。

老後の生き方

70代から趣味をはじめることは、健康的な老後生活を送るうえでも利点が多く、生活そのものを長く楽しめるようになります。 この記事では、70代の趣味探しにおけるポイントや、室内・室外で人気の趣味について紹介していきます。 趣味を通して、新たな気づきや感動を見つける第一歩を踏み出してみませんか。