"認知症"keywords

老後の生き方

認知症予防のために、生活習慣の見直しを考えている方も多いのではないでしょうか。生活習慣の中でも、運動は脳の活性化に役立つとされる方法の1つとして、注目されています。 運動することで適度な筋力を身に付けることは、認知症予防に加えてケガの予防などにも効果が期待できます。 では、具体的にどのような運動を取り入れるべきなのでしょうか。 この記事では、運動が認知症予防に良いといわれている理由やおすすめの運動法、無理なく続けるためのコツについて紹介しています。 セカンドライフを長く健康に過ごすための一助として、ぜひ取り入れてみてください。

老後の生き方

日本は世界から見ても有数の長寿国です。近年では「人生100年時代」と呼ばれるようになり、長い人生をより健康的に生きるために健康寿命を延ばす取り組みが関心を集めています。 健康寿命を延ばすために考えたいことが「認知症予防」です。認知症の予防にはさまざまな方法が考えられますが、そのなかでも食事の見直しは積極的に改善したい項目の1つです。 では、認知症の予防が期待できるとされている食材には、どのようなものがあるのでしょうか。 この記事では、認知症予防に良いとされている食材や、食事の取り方におけるポイントについて紹介します。

老後の生き方

相続する予定の資産や土地、建物などを所有している場合、できる限り認知症になる前に意思表示を行っておく必要があります。 認知症を発症してから相続対策を行うと、具体的にどのようなトラブルが発生するのでしょうか。 この記事では、認知症と相続対策の関係性や、認知症になる前にできる相続対策について紹介します。 自分の意思表示を元気なうちにしておくことで、将来に対する不安を軽減させられるでしょう。

介護

介護が始まると、これまでの日常生活に介護が上乗せされるため、さまざまな負担が加わり、介護疲れを感じる人も多くなります。どのような介護疲れが多いのか、どうすれば介護疲れを軽減できるのか対策もあわせてみていきましょう。

介護

高齢になると、どなたでも発症する可能性のある認知症。症状が進行すると、家族だけで介護をするのは難しくなってしまう場合もあります。 そんなときに頼りになるのが介護施設ですが、果たして認知症が進行した状態でも入居することができるのでしょうか。もしかしたら、症状が進行した認知症だと、介護施設に入ることは難しいと思っている方もいるのではないかと思います。 そこで今回は、認知症の方でも入れる介護施設の種類やその特徴についてまとめました。介護施設を選ぶ際のポイントについても解説していますので、介護施設を探している方や、将来的に入居を検討している方などはぜひ参考にしてみてください。