【開発ドクター・石黒先生インタビュー】180歳も夢ではない!“いつまでも健康”をサポートするサプリメント「Long Life NMN DR.iSHiGURO」

健康でいるのに有用とされる、ビタミンに似た成分「NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)」。世界中のエイジングケア研究者が注目し、日々の食事やサプリメントで補うことを推奨しています。 ロングライフグループでは、独自に開発したNMNサプリメント「Long Life NMN(ロングライフ エヌエムエヌ)」を、4月20日より予約販売を開始しました。これまでのNMNサプリメントとは一線を画す「Long Life NMN」について、また、長く健康を維持することについて、開発に基礎設計から関わったエグゼクティブマネージャーの石黒伸医師にお話をうかがいました。


この記事は約6分で読み終わります。

人生の目標をしっかりと据えることが大切

—石黒先生はロングライフグループのフード部門のエグゼクティブマネージャーとして“脳に効く食事”や“病気を予防する食事”などを提唱されています。健康でいるためには、やはり日々の食事が何より大切なのでしょうか。

自分の人生のゴールをどこに置くかで変わってきますよね。例えば健康のことを何も考えずに好きに生きて60歳ぐらいで人生を終えたいんだ!という人なら、食事なんかまったく気にする必要はありません。けれど、100歳でスカイダイビングに挑戦したい! 認知症にならずに元気でいたい!ということを目標にしたら、1食1食気をつけなければ絶対に達成できません。

トップアスリートやプロスポーツ選手はいい成績を残すというゴール設定が明確だから、自分の体にすごく敏感です。彼らは日々の食べ物や運動など、すべてにおいて気を遣っていますよね。イチロー選手も、毎日のルーティーンで自分を管理し食べる物にも気をつけていたからこそ、大リーグで45歳まで現役でいられたわけです。

―プロスポーツ選手は特別な人だと思わずに、私たちも人生の目標を持つことで変わっていくのでしょうか。

もちろんです。ただ、“健康で楽しく暮らせる未来”というものを医者も国も見せられていない現状がある。だから、皆さん健康の先にある目標を持ちづらくなっています。
ジャンクフードやレトルトなどの超加工食品を食べ続けていたら、どうしたって病気になるし短命につながります。

これから先どんどん変動する世の中を自分の目で見たい!

—世の中にはおいしいものが溢れています。長寿のためには“我慢”がキーワードになってくるのでしょうか?

そうですね……例えば「なぜ健康でいたいんですか?」という問いにはどう答えますか?

—病院に行くのが怖い、痛い思いをするのは嫌だ、というところでしょうか。

そうですよね。多くの人の健康でいたい理由として、病院に行ったり人に迷惑をかけたりしたくないという、ネガティブな思考をベースにしていることが多い。でも、人はネガティブなゴール設定では頑張れません。先程も言ったように、イチロー選手は長く現役を続けたいというポジティブな思考があったからこそ、あそこまで頑張れたわけですよね。

人生100年時代になり、医療が発達して多くの人が長生きできるようになりました。けれども“ネガティブなこと=死ぬこと”を前提に生きているから、健康生活に我慢ができないのです。そうではなくて、“私は死なない”と前提を変えましょう。すると、思考は大きく変わると思います。

現代のテクノロジーの発展はすさまじく、今と10年後とでは世の中の常識が大きく変わります。例えば空を飛ぶ運転免許証ができたり、アイコンタクトでメッセージのやりとりができるようになったりするかもしれない。そんな世の中ってすごくワクワクしませんか? そんな発展した世の中を、僕はぜひ見てみたいと思うんです。そのためには何をすべきなのか。健康で長く生きることですよね。

そう考えたときに、食事には絶対に気をつけたい。それとともに、今注目されているエイジングケア成分「NMN」を効果的に取って体に必要な成分を補う。医療がこれほど発達している現代ですから、180歳まで生きることだって夢ではないのです。

最先端のエイジングケア研究から導き出されたサプリメント

—NMNサプリメントはどういったロジックで健康へと誘うのでしょうか。

僕たちがアクティブに動くためのエネルギー源がNAD +(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)という物質になります。NAD +は加齢とともに減少し、増やすことが非常に重要といわれています。NMNはこのNAD +を増やすために必要な成分であり、これらを合わせて「NAD +」といっています。

NAD +は、ブロッコリーやブルーベリーなど自然の食物から摂取する分には体にしっかりと吸収できるのですが、化学合成したものだと非常に吸収されにくいんです。ですから、化学合成したものをそのままサプリメントとして摂取するのは非効率といえる。ただし、自然界にあるNAD +はごく微妙なので、たくさん摂取できないのが難点でした。

そこで「Long Life NMN」を開発するにあたり、化学合成したものであっても自然と同レベルの吸収を実現するために、パーティクルデリバリーシステムという粒子伝達システムを用いました。これは成分を微粒子化しつつ、脂質で特殊コーティングし、より体に吸収しやすくするシステムです。最先端のエイジングケアの研究をベースに開発を進め、大変満足のいくものができました。

健康を支える、食生活とサプリメント

—他のNMNサプリとはまったく違うものなのですか。

そうですね。これまでのサプリメントと違う、ということははっきりと言えますね。
最先端の研究だからこそ魅力は未知数。僕自身も、10年後の自分へのプレゼント、という気持ちで取っています。また、世界で10本の指に入るようなエイジングケア研究者の、ほぼすべての人がNMNのサプリメントを取っていることも知っておいていただきたいです。NMNの注目の高さが伺えると思います。

—いつまでも健康でいるために常に情報をキャッチし、現時点で最先端といわれるものを取り続けることは大切ですね。

ポジティブな目標に向かって進んでいくことは、精神的にもよい影響を与えます。ストレスを極限まで排除してあげることで、体も心も穏やかになりますから。
それとともに、日々の食生活に気をつけることも欠かせません。何を食べるかではなくて、避けるべき食べ物を知っておくことはとても重要です。ジャンクフードやインスタント食品はもちろん、生クリームやバター、小麦粉がたっぷり入ったケーキもおすすめできません。要するに、人工的な手間がかかっている食品ほど避けるべきなのですね。ロングライフグループで監修している献立も、超加工食品はお出ししないよう、一つひとつ提案させていただいています。

正しい食生活を実践していくと、ちょっとした体の異変にも気づきやすくなります。朝起きた瞬間に、「あれ?今日はちょっと調子が悪いな」と実感できればすぐに対処ができる。僕自身10年間このような生活を続ける中で、ようやく自分の体の状態がわかってきました。

健康はすぐに叶うものではなく、日々の心がけがとても大切です。健康的な食生活を維持し、サプリメントで体に必要な成分を補う。未来の自分への健康投資を始めるのが、これからのトレンドになるのではないでしょうか。