"老人ホーム"keywords

老後の生き方

老後の生活に向けて、定年後の趣味や仕事、家族との連絡手段など、さまざまなことを考えている方は多いのではないでしょうか。 「終の棲家」も検討しておきたい事柄の1つです。終の棲家とは、生涯を終えるまで生活するための住居のことを指します。 年を重ねると、今の家では生活しにくくなってしまったり、介護が必要になったりすることがあるでしょう。そんなときに備えて、元気なうちから住居スペースを検討しておくことはとても重要です。 この記事では、終の棲家を考えるときに検討しておきたい生活環境や、自宅や病院を終の棲家にする場合に必要な準備について紹介します。

老後の生き方

50代、60代となると、友人や知人との会話の中で、「老後どのように過ごすか」「老後も自分らしい生活を送るにはどうするか」といった話題になることもあるでしょう。 年を重ねると、今まで以上に生活に不安がともなうものです。自分らしい生活を続けるには、どのようなことを意識しなければならないのでしょうか。 この記事では、老後も自分らしい暮らしを送るために考えておきたいことを紹介します。

老後の生き方

老後の生活に備えて、今住んでいる家からバリアフリー住宅や部屋数の少ない家、子供の家の近くなどへ住み替えを検討する方もいるでしょう。 この記事では、老後に住み替えを考えるタイミングやきっかけ、住み替え先の候補について紹介します。 住み替え先の候補についてのメリット・デメリットも挙げていますので、検討材料の1つとして役立つでしょう。

老後の生き方

日本人は平均寿命が長く、長寿大国ともいわれていることをご存知の方は多いでしょう。長生きするのは喜ばしいことではありますが、ここで非常に重要なキーワードとなるのが「健康寿命」です。 今回は平均寿命と健康寿命について解説するとともに、老後を健康的に生き生きと過ごすヒントについてお伝えします。

老後の生き方

人生100年時代と言われるようになり、長生きする人が珍しいことではなくなりました。そんな中、長生きするのであれば健康で楽しく生きていきたいと思う人は多いのではないでしょうか。 しかし、年齢を重ねていくと、病気になったり体力が衰えたりする可能性は増えてしまいます。そこで今回は、できるだけそのリスクを避けつつ、健康に長生きして楽しく生活するためのヒントをまとめました。

老人ホーム

家族の介護が必要になったとき、利用するサービスとして主に選択肢に挙がるのが、老人ホームとデイサービスです。事業所数も多く、身近に利用している人やその家族がいるという方も多いのではないでしょうか。 しかし、いざ利用する段階になると、その違いがよくわからないということもあるかもしれません。そこで今回は、老人ホームとデイサービスの違いについてまとめました。

老後の生き方

あなたは介護が必要になるのは何歳からだと思いますか。おそらく多くの人が70代や80代といった高齢者を思い浮かべるのではないでしょうか。老人ホームへの入居も、そのくらいの年齢を想定している人も多いでしょう。 たしかに、高齢になってから介護が必要になる人は多いです。しかし、病気や障害などの状態によっては、50代などもっと年齢が低い人でも、介護がなければ生活できない人もいます。 そのような方の中には、家族の負担なども考慮して、早めに老人ホームへの入居を検討している方もいるかもしれません。そこで今回は、50代からでも老人ホームへ入れるのか、入居できる条件などについて解説しました。早い段階での入居を検討されている方は、参考にしてみてください。