介護で歩行介助が必要になったらどうする?方法から注意点まで

年齢を重ねるにつれて、身体機能は徐々に衰えていきます。日常生活の中で介助が必要になる場面も増えていきますが、その中でも比較的早い段階で必要となるもののひとつが、歩行介助です。 けれど、歩行介助といっても、初めて介護をする人にとっては、どのようにサポートすれば良いかわからないことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、歩行介助の方法について詳しくまとめました。 介助の際の注意点についても解説していますので、歩行介助が必要な家族がいる方、これから介助をするかもしれないという方はぜひ、参考にしてみてください。


この記事は約6分で読み終わります。

歩行介助の方法

歩行介助と一言で言っても、介護が必要な人がどのような状態なのかによって、必要な介助の方法は変わってきます。まずは、歩行介助はどのように行えば良いのか、その方法を具体的にみていきましょう。

見守り

歩行介助の中でも、最初の段階で必要になるのが見守り歩行です。見守り歩行は、杖などを使用しながら自分で歩ける人に対して行います。

介助者は不安定になりやすい杖と反対側、あるいは麻痺している側につき、斜め後ろから見守る形をとります。常に歩行状態を気にかけながら介助を行い、バランスを崩しそうになったらすぐに支えられるようにしておきましょう。

寄り添い歩行介助

寄り添い歩行介助は、見守り歩行よりもやや密着した状態で介助するイメージです。横に立って一緒に歩きますが、その際、介助を受ける人が右利きであれば左側に立つようにしましょう。そして、自分の右腕を要介護者の右脇に差し込み、要介護者の左手に自分の左手を添えるようにします。

もしも片麻痺がある場合は、麻痺のある側に立って介助をしましょう。転倒のリスクが高い場合は、要介護者の脇に差し込む手で、ベルトなどをつかんで支えるようにすると安心です。

手引き歩行介助

要介護者と向き合って、両手をとって歩行を促すのが、手引き歩行介助です。しっかりと両手を握っていることと、向き合っているというポジションから、前後への転倒を防ぎやすいのが手引き歩行介助のメリットです。

しかし、介助者が後ろ向きで歩くことになるため、前方の状態が確認できません。介助者が転倒するだけでなく、それに連なる形で要介護者も転倒してしまうリスクがあるので、長距離の歩行での介助には向いていません。車いすからトイレまでなど、短距離の歩行に用いるのがおすすめです。

階段の歩行介助

階段の昇り降りをするときは、転倒すると大変危険なのでより一層注意が必要です。万が一転倒しても支えられるように、昇るときは要介護者の斜め後ろ、降りるときは斜め前の位置で介助するようにしましょう。

杖を持っている方の介助をする場合は、杖の使い方にも注意しなくてはなりません。

昇るとき:杖を前に出す→麻痺など障害がない方の足を出す→反対側の足を進める
降りるとき:杖を前に出す→麻痺など障害がある方の足を出す→反対側の足を進める

といった順で進めると、安定して歩行をすることができます。麻痺などがない方の足に重心を乗せ、しっかりと体を支えることを意識するようにすると良いでしょう。

目次へ

歩行介助を行う際の注意点

歩行介助を行うときは、上記でご紹介した具体的なスキルはもちろん、常に意識しておきたいポイントがあります。次は、それらのポイントについてご説明していきましょう。

歩幅と歩調を合わせる

まず大切なことは、介助者が要介護者の歩幅と歩調に合わせることです。早く移動したいがために介助者が無理にリードしようとすると、要介護者がバランスを崩してしまい、転倒する危険性があります。要介護者の歩くペースを大事にして、介助者がそれに合わせるようにしましょう。ゆっくりと一歩ずつ、確実に進めていくことが大切です。

高齢の方や歩行に障害のある方は、短距離でも疲れてしまうことが多いです。要介護者の状態を確認しながら、ほどよく休憩も取るようにすると良いでしょう。

補助器具

歩行の際に必要な補助器具の状態も、歩行に大きな影響を与えます。靴のサイズが合っていなかったり、底がすり減ったりしていないか、杖の先にある滑り止めが痛んでいないかなど、定期的にチェックするようにしましょう。

歩行の際に履く靴は、サイズが大きな靴やスリッパなどは脱げやすく危険なので避けましょう。重たい靴も、足に余計な疲労を与えてしまいます。履かせるのに少し手間かもしれませんが、しっかりと足にフィットするものを選ぶようにしてください。

室内の歩行であれば、廊下や玄関など、普段通る場所に手すりをつけるのも良い方法です。安定したものにつかまることができるので、本人が安心して歩けるだけでなく、介助者の負担も減らすことができます。

障害物がないか

歩行中、転倒の原因になるような障害物の有無にも注意を向けることが大切です。室内であれば、部屋と通路の境目の段差やカーペットのふち、家電類のコードなど、あらゆるものが転倒の原因になる可能性があります。よく通る場所は、普段から物をなるべく置かないようにして、スペースを取っておくことを心がけると良いでしょう。

屋外を歩くときは、室内以上に注意が必要です。段差はあちこちにありますし、狭い道路は車や自転車と接触する恐れがあります。雨で道路が濡れていたりすると、バランスを崩して滑ってしまうかもしれません。寒い地域であれば、冬季は路面が凍ることもあるでしょう。できるだけ広い道路や平坦な場所を選んで通るようにしたり、雨天時はより滑りにくい靴を使用したりすることをおすすめします。

また、初めての場所に行く際は、事前にエレベーターやエスカレーターの有無と場所を確認しておくことも大切です。階段ばかりだと疲れてしまいますし、転倒もしやすくなってしまいます。本人の負担になり過ぎないような移動経路が確保できれば、安心です。

歩行介助は、要介護者が移動する際、介助者は常にそばにいなくてはなりません。限られた時間帯であれば、介護ヘルパーなども利用できるかもしれませんが、自宅で介護をしている場合は24時間体制で介助が必要となります。

介護を続けていて、もしもそれが負担に感じるようになったら、老人ホームへの入居を検討しても良いかもしれません。介護のプロが歩行介助もしてくれますので、安心して任せることができます。

ロングライフなら、入居者様それぞれの健康状態に合わせたサポートを提供することが可能です。提携医療機関と協力しながら、24時間体制で緊急トラブルにも対応できるようになっていますので、入居者様にとっても、ご家族にとっても不安なく暮らせる環境が整っています。

気になるホームがあれば、実際に行ってみて見学することもできます。施設やサービスの気になる部分などがあれば、ぜひ見学の際に確認してみると良いでしょう。

目次へ

まとめ

高齢の方は、徐々に体力が落ち、足腰が弱くなってしまうために、安定した歩行ができなくなっていきます。しかし、歩かなくなると余計に歩く能力は低下してしまいますので、可能な限り自分で歩くようにすることが大切です。

しかし、不安定な状態で歩くのは危険なため、歩行介助はとても大切です。介護をする人にとっては、気を使わなくてはならない場面が多く負担ではあります。しかし、正しく介助をすれば、介助を受ける本人も安心して歩くことができますし、機能低下の防止にもつながります。

今回ご紹介した方法もぜひ参考にしながら、安全な歩行介助を心がけてみてください。

※こちらの記事は、2020年2月24日時点の情報をもとにした記事です。

No.2002-09