独身でも安心して老人ホームで過ごせる

老人ホームへの入居を考えているものの、独身で身元保証人もいないとなると、入居先があるのか不安に感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、独身でも老人ホームへ入居できるのかどうかという点について、解説していきます。また、独身者が安心して老後を過ごすためのご提案もしますので、参考にしてみてください。


この記事は約7分で読み終わります。

独身でも老人ホームに入れる?

老人ホームに入居したいと思っても、すべての人が利用できるわけではありません。老人ホームには入居条件があり、それを満たさないと入居は認められないからです。

では、独身だと老人ホームに入居することはできないのでしょうか。

独身でも老人ホームに入れるか

独身でも老人ホームに入居できるのか、その答えを知る上で確認しておきたいのが、老人ホームの入居条件です。

老人ホームは、種類別に年齢・要介護度・認知症の有無・必要な医療ケアなどによって、入居できるか否かを定めています。

年齢については、60歳~65歳以上が一般的です。

要介護度については、大きくは「自立」「要支援」」「要介護」の3つの段階にわけられています。

自立とは、身の回りのことが自分でできる状態のことで、要支援とは、基本的には身の回りのことが自分でできるけれど、部分的な介助を必要とする状態のことをいいます。要介護は、歩行が不安定で、身の回りのことや日常的な動作のことで介助が必要な状態です。

要支援については、要介護度の低いほうから「要支援1~2」、要介護についても、同じく要介護度の低いほうから「要介護1~5」と分けられています。

要介護だと程度にはよるものの、ほとんどの老人ホームで入居が認められていますが、要支援、もしくは自立と認定されると、老人ホームによっては入居が認められません。

また、それぞれの老人ホームでは、入居後に適切なケアを提供できるという前提で入居希望者を受け入れます。なので、入居希望者が必要とする医療ケアを提供できるかどうかというのも、老人ホームが受け入れるかどうかを左右する要素となります。

老人ホームの入居条件を見ていくと「既婚者」とは記載されていません。なので、独身でも入居は可能ということです。

ただし、独身の入居希望者の不安要素として、身元保証人がいないということがあります。子どもがいないうえに、兄弟もすでに亡くなっているという場合、保証人になってくれる人がいないということは起こり得るものです。

その場合も、老人ホームに入居することができないということはありません。後見人を立てる、身元保証会社を利用するといった方法で、入居を可能にすることができます。

老人ホームでかかる費用

子どもの経済的な援助などを期待することができない、独身の高齢者にとって老人ホームにかかる費用は気になるものですよね。

老人ホームに入居するにあたってかかる費用には、入居金と月額費用とがあります。

どの老人ホームを選ぶか、またどの地域の老人ホームに入居するかによってかかる費用は変わりますが、東京都の場合だと入居金は1,000万円以上というところが半分近くを占めます。月額費用は25万円前後が目安です。

千葉県や埼玉県だと、入居金が1,000万円以下というところが全体の約4割と、多くを占めており、月額費用についても20万円以下で利用できるということが多くあります。

老人ホームの入居料金を左右するのは、立地条件だけではありません。老人ホームのサービス内容や入居者の要介護の度合いや居室のタイプ、付帯設備などによってもかかる料金は大きく変わります。

また、入居金と月額費用以外に、介護保険負担費用、医療費、おむつ代、趣味や嗜好品といったものへの費用もかかることを忘れないようにしましょう。

目次へ

独身でも安心して老後を過ごすには

だんだんと年を重ねるにつれ、健康面や経済面での不安などを感じる方は少なくありません。

今は元気でも、これから5年先、10年先のことを思うと、独身で老後を迎えることへの不安は大きくなるものです。

老後の暮らしへの不安を解消するためには、どうすれば良いのでしょうか。

独身の老後の不安解消

独身であるか否かにかかわらず、老後への不安を抱える方は多くいます。とはいえ、夫婦なら二人で助け合って解決できる問題に、独身だと一人で取り組まなければならないため、不安はより大きくなりがちです。

独身者が老後に不安を抱く要素のひとつが、病気やケガです。若いうちはちょっと無理をしても元気かもしれませんが、年を取るとそういうわけにはいきません。

入院が必要となる病気にかかったり、転んだりしてケガをしたり、ということが起こりやすくなります。そのため、一人で病気やケガといった問題に、どのように取り組むことができるだろうかと不安に思う方もいるでしょう。

また、趣味を継続したいものの、そのための仲間がいないということも起こり得ます。

さらに、金銭面でのやりくりがうまくできるかという点について、不安に感じる方もいます。もしもパートナーがいれば、相談しながら老後の生活設計を立てていくことができますが、独身の場合は、相談する相手がいません。

知らないうちに、詐欺に引っかかってしまうという可能性もありますから、うまくやっていけるのか不安を抱く方がいるのも無理はないでしょう。

このような、独身者が抱える老後の不安を解消してくれるのが、老人ホームへの入居です。

老人ホームに入居すれば、病気やケガといった身体的な問題を抱えた場合も、看護師や介護士に介護をしてもらえますから、安心してお任せすることができます。

老人ホームによっては、いろんなイベントがありますし、趣味を一緒に楽しむことができる仲間もいますので、趣味を継続していくことができるでしょう。

また、老人ホームに入居すれば、詐欺などに引っかかる心配も軽減されます。多種多様な価格帯、サービス内容から、自分の予算に合わせたサービスを選ぶことができるので、金銭面での不安も解消されるでしょう。

自分が安心できる老後の生活を想像しよう

老人ホーム探しは、体が動かなくなってきてから検討する方もいますが、それだと遅すぎます。体力と判断力があるうちに、老人ホーム探しは行っておきましょう。

老人ホームを何軒も回るのは、かなりの体力を消費します。各老人ホームの契約に関連した説明を聞いて、理解し、入居するかどうかを判断するためには、それなりの判断力も必要です。

なので、体が動かない、判断力も鈍くなっている、という状態になってから、老人ホーム探しをスタートしても、思うように探すことができないでしょう。老人ホーム探しは、まだ介護を必要としない、元気な状態のときに行うようにしてください。

そして、老人ホームを探す際には、老後の生活の優先順位を明確にしましょう。たとえば、入居後に「自分で料理をしたい」と考えているなら、キッチン設備が付いたところを選びます。体を動かすのが好きなら、ジムやプールなどの設備が整っているところを選ぶことができるでしょう。

老人ホームとひと言でいっても、サービス内容や設備の内容はさまざまです。具体的な条件を挙げて、自分の条件に合った老人ホームを探すことをおすすめします。

ロングライフでは、入居者様が楽しみながら毎日をお過ごしいただくための、サービスを多数ご用意しています。食事や旅行、各種イベントなど、充実したサービスを提供していますので、独身の方でも満足していただけるはずです。
老人ホームを探していらっしゃるなら、ロングライフにご相談ください。

目次へ

ロングライフなら安心して入居できる!

C-12

ロングライフでは、次のような充実したサポート・サービスを提供しています。

信頼と実績のサポート

24時間体制で一人ひとりに合わせた心身両面のサポートを行います。入居者様の血圧や体温、脈拍を毎日チェックし、小さな体調の変化も見逃しません。
地域の医療機関と連携し、夜間や緊急時のバックアップも万全です。

高品質なサービス

ロングライフのサービスは、「グッドフィーリング(顧客満足)」に基づいています。そのため、国内外での旅行を楽しむ「たび倶楽部」やグルメ好きのための「おいしんぼ倶楽部」などといった多彩なイベントをご用意。また、心地良い空間を提供するための、施設作りを心がけています。

目次へ

まとめ

独身でも老人ホームへの入居は可能です。一人であるからこそ抱える不安も多くなりがちですが、老人ホームへ入居することでそのような不安を軽減できる可能性が高くなるでしょう。
老人ホームを探すなら、体力・判断力がある今のうちです。まずは、ロングライフにご相談ください。

No.1912-05

ホテルのような我が家。住宅型有料老人ホーム日本ロングライフ