新着記事Latest Posts

入居準備のためのコラム

定年退職後など、仕事を引退した後の老後生活において、無趣味の方にはさまざまなデメリットがあると指摘されています。 本人の健康やメンタル面での問題に加え、夫婦や家族仲にも影響する場合もあるでしょう。 この記事では老後に無趣味だとどうなるのか、無趣味の場合にできることや老後からでもはじめやすい趣味について紹介していきます。 まずは少しでも興味をもったものから、挑戦してみてはいかがでしょうか。

入居準備のためのコラム

社会の高齢化が進むと同時に、介護にまつわる問題を抱えるご家庭も増えてきました。まわりで親の介護をしているという方の話を聞いたことがある方も、いらっしゃるのではないでしょうか。 そろそろ自分も介護をする側になるのでは、そうなったらどうしたら良いのだろうかと不安に感じている方もいるかもしれません。 そこで今回は、介護をする際に不安に感じやすいこと、それを解消するためのポイントについてまとめました。近い将来介護をする可能性がある方や、介護を始めたばかりの方へ参考になる情報をご紹介していますので、ぜひご一読ください。

入居準備のためのコラム

同時に2人の介護をしなければならない「ダブル介護」。1人でも大変なのに2人なんて…と思われる方もいるかもしれませんが、誰にでも起こる可能性はあります。両親同時の場合、自分の親と義理の親、人によっては障害を持つ兄弟や子どもなどが重なってしまうことも考えられます。 負担の大きいダブル介護ですが、どうすればうまく乗り越えていくことができるのでしょうか。ダブル介護によって起こりうる問題や、そのような事態に備えて今からできる準備についてまとめました。

入居準備のためのコラム

年齢を重ねるにつれて現実的な問題となってくる、親の介護。介護度が低いうちはまだ良いけれど、高くなっていったら介護中心の生活になってしまい、今の自分の生活ができなくなってしまうのでは…と不安になる方も多いのではないでしょうか。 その一方で、介護が必要なのに自分の生活を優先しようとすることに、罪悪感を持ってしまうこともあるかもしれません。 では、どうしたら罪悪感を持たずに、親の介護と自分の生活をうまく両立させることができるのでしょうか。今回は、本格的に介護が始まる前に知っておきたい知識などについて、まとめてみました。

入居準備のためのコラム

仕事や家族など、さまざまな事情で親とは遠く離れた地で暮らしている方もおられるでしょう。問題は、親が高齢になったときです。心配で、週末など時間を見つけて介護に駆けつける遠距離介護状態が続くと、疲れを感じてしまうことがあります。 遠距離介護は、なぜ疲れを感じやすいのでしょう。遠距離介護に疲れる原因と、遠距離介護をスムーズに行うためのポイントをまとめました。

入居準備のためのコラム

在宅介護でもう無理だと感じるのは、介護者と要介護者の一対一になってしまっているケースが多くあります。 この記事では、在宅介護での問題や限界を感じたときの対処法についても紹介しています。公的な支援制度を活用しながら、負担軽減に繋げてみてはいかがでしょうか。

入居準備のためのコラム

高齢化社会の現代では、介護の問題は避けては通れないものとなっています。介護疲れを解消する方法はないか、親をどうやって介護すべきかなど、悩みは尽きないようです。今回は、社会問題ともなっている高齢者介護について解説するとともに、どのような解決策があるのかをご紹介いたします。

入居準備のためのコラム

介護の経験がない状態から在宅介護に入り、慣れない介護にストレスや限界を感じている人は多いといいます。どういったことにストレスを感じる人が多いのでしょうか。ここでは、在宅介護に多いストレスの原因とその解決策を紹介します。

入居準備のためのコラム

老老介護の現状は、共倒れリスクと隣合わせになっています。核家族化で他の親族と離れて暮らしているなど、なかなか周囲に助けを求められないことも原因の1つと考えられます。 被介護者・介護者が共倒れてしまう前に、共倒れの原因やリスクを認識し、未然に防ぐために支援サービスなどを積極的に活用していきましょう。

入居準備のためのコラム

介護が始まると、これまでの日常生活に介護が上乗せされるため、さまざまな負担が加わり、介護疲れを感じる人も多くなります。どのような介護疲れが多いのか、どうすれば介護疲れを軽減できるのか対策もあわせてみていきましょう。

入居準備のためのコラム

親の介護は誰しもが直面する問題です。今すぐに介護が必要な状態ではなくても、近い将来に備えて心づもりをしておくと良いでしょう。 今回は親の介護を安心して行うためにしておくべき準備について、また親と離れて住んでいる方にどのような介護の方法があるかをご紹介いたします。

入居準備のためのコラム

介護が必要な状態になった場合、「在宅ケア」を選ぶか、「老人ホーム」への入居を選ぶか、悩まれる方も多いかと思います。それぞれ、どういったメリットや注意点があるのでしょうか。老人ホームを選択するメリットや種類について解説していきます。

入居準備のためのコラム

高齢の方が住まいとして選択することが多い、老人ホーム。近年では、介護が必要になってからではなく、まだ動けるうちから将来のことを考えて早めに入居を考える人もいらっしゃいます。 けれど、実際に老人ホームへ入居したいと考えたとき、どのような流れで入居に至るのでしょうか。老人ホームへの入居は何回も経験することではないため、知識がなくて困っていたり、戸惑っていたりする方もいるのではないかと思います。 そこでこの記事では、老人ホームに入居するまでの流れの詳細や、必要な物品などについて解説します。老人ホームへの入居を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

入居準備のためのコラム

そろそろ親の介護が必要な時期だと分かっていても、突然介護が始まると、思ってもみなかったような問題が表面化することがあります。介護で考えられる問題には何があるのでしょうか。 本格的に介護が始まる前に知っておきたい介護問題と対処法を押さえ、来たる介護に備えましょう。ここでは、介護問題について解説します。

入居準備のためのコラム

高齢になると、どなたでも発症する可能性のある認知症。症状が進行すると、家族だけで介護をするのは難しくなってしまう場合もあります。 そんなときに頼りになるのが介護施設ですが、果たして認知症が進行した状態でも入居することができるのでしょうか。もしかしたら、症状が進行した認知症だと、介護施設に入ることは難しいと思っている方もいるのではないかと思います。 そこで今回は、認知症の方でも入れる介護施設の種類やその特徴についてまとめました。介護施設を選ぶ際のポイントについても解説していますので、介護施設を探している方や、将来的に入居を検討している方などはぜひ参考にしてみてください。

入居準備のためのコラム

近年、浮き彫りになってきたのが「老老介護」の問題。65歳以上の高齢者が、同じく65歳以上の高齢者を介護する状況のことを指します。 将来的に高齢の父母を介護する可能性がある方、あるいは遠方に住む高齢の親が同じく高齢の親を介護しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。なぜ老老介護が増えてきているのか、老老介護が増加する原因と、その問題点、解決策まで解説します。

入居準備のためのコラム

老後の住まいとして老人ホームを検討される方もいらっしゃるでしょう。パンフレットやインターネットのウェブサイトなどで、施設の情報を取得することもできますが、できればご自身の目でこれからの住まいを見ておきたいもの。今回は、後悔しないための老人ホーム見学のポイントを解説します。

入居準備のためのコラム

あなたは介護が必要になるのは何歳からだと思いますか。おそらく多くの人が70代や80代といった高齢者を思い浮かべるのではないでしょうか。老人ホームへの入居も、そのくらいの年齢を想定している人も多いでしょう。 たしかに、高齢になってから介護が必要になる人は多いです。しかし、病気や障害などの状態によっては、50代などもっと年齢が低い人でも、介護がなければ生活できない人もいます。 そのような方の中には、家族の負担なども考慮して、早めに老人ホームへの入居を検討している方もいるかもしれません。そこで今回は、50代からでも老人ホームへ入れるのか、入居できる条件などについて解説しました。早い段階での入居を検討されている方は、参考にしてみてください。