このページの先頭です
ここから本文です
  1. ロングライフ医療福祉専門学院トップ
  2. 同行援護

同行援護

サービス提供責任者資格要件がH30年度変更に伴い、お申し込みが急増しております。
各コース、定員になり次第締め切らせていただきますので、お早目のお申し込みをお待ちしております。

同行援護開講情報(平成30年11月 一般・応用)

同行援護開講情報(平成31年1月 一般・応用)

下記申込書をファックス、メール送信、または送付をお願いします。
応用課程のみお申し込みの方は、一般課程の修了証の写しをご提出ください。

申込書[Pdfファイル/57KB]

申込書[Wordファイル/42KB]

  • FAX番号:06-6363-0772
  • メールはこちらより

同行援護とは

視覚障害により、移動に著しい困難を有する障害者等に、外出時において同行し、 移動に必要な情報を提供するとともに、移動の援護をします。この講座では、移動時及びそれに伴う外出先において必要な視覚的情報の支援(代筆・代読を含む)、移動の援護、排泄・食事等の介護その他外出する際に必要となる援助について学びます。一般課程と応用課程、二つの課程があります。

一般課程
同行援護サービスを提供するに当たって必要になる資格です。一般課程を修了すると同行援護サービスに従事することができます。[講義12時間、実技演習10時間、計22時間]
応用課程
同行援護サービスを提供する事業所のサービス提供責任者に必要となる資格です。
[講義2時間、実技演習10時間、計12時間]

サービス提供責任者の資格要件が変更となります!

2018年(平成30年)4月以降は、同行援護を提供する事業所のサービス提供責任者は、同行援護従業者養成研修を修了しておくことが求められます。
(いづれの介護資格を持っている場合でも同様です。実務者研修修了者も含まれます)
※2018年3月31日まで延長となりました経過措置の延長については今回限りとし、行わないとされています。

2018年4月直前は受講生が増えることが予想されます!

サービス提供責任者の要件変更目前となる2018年1~3月や、早ければ2017年には研修を実施するスクールに受講者が集中し、希望の日程が満席になってしまう状況も予想されます。早めの受講をおすすめします。

受講資格

中学卒業以上で,社会福祉に関心があり、すべての科目が受講可能な方であれば特に資格は問いません。

【こんな方におすすめ】

  • ・これから同行援護従事者として従事する方。
  • ・同行援護について学びたい方。
  • ・ご家族の介護に役立てたい方。
  • ・障がい者福祉に興味があり、知識の幅を広げたいとお考えの方。

▲ ページトップへ

資格取得までの流れ

一般課程・応用課程共通

  1. 講義
    「同行援護とは?」、「視覚障害とは?」、という基本的なところから、専門的な知識まで幅広く学習します。これまで同行援護やガイドヘルパーについて知識や経験のない方でも安心して学んでいただけます。
  2. 演習
    介護する側とされる側に分かれて、実演を行います。
    頭だけでなく実際に体を動かすことで、介護する相手の立場に立った介護の技術を身に付けます。
    応用課程では実際の公共交通機関をつかった、より実践的な演習を行い、高度な技術を身に付けることが出来ます。
  3. 修了式
    全カリキュラム修了後に同行援護従事者養成研修の修了証明書を発行いたします。

▲ ページトップへ

学習内容・プログラム

一般課程(計22時間)

科目 時間 内容

視覚障がい者(児)福祉サービス 1時間 視覚障がい者(児)の福祉の制度とサービスの種類、内容、役割を理解する。
同行援護の制度と従業者の業務 2時間 同行援護の制度と従業者の業務を理解する。
障がい・疾病の理解① 2時間 業務において直面する頻度の高い障がい・疾病を医学的・実践的視点で理解するとともに、援助の基本的な方向性を把握する。
障がい者(児)の心理① 1時間 視覚障がい者(児)の心理に対する理解を深め、心理的援助のあり方について把握する。
情報支援と情報提供 2時間 移動中に必要な情報支援、情報提供の基礎を習得する。
障がい者の人権 2時間 障がい者の人権について理解を深め、援助方法を学ぶ。
代筆・代読の基礎知識 2時間 情報支援としての代筆・代読の方法を習得する。

同行援護の基礎知識 2時間 同行援護の目的と機能を理解し、基本原則を把握する。
基本技能 4時間 基本的な移動支援の技術を習得する。
応用技能 4時間 応用的な移動支援の技術を習得する。

応用課程(計12時間)

科目 時間 内容

障がい・疾病の理解② 1時間 業務において直面する障がい・疾病を医学的、実践的視点でより深く理解する。
障がい者(児)の心理② 1時間 視覚障がい者(児)の心理に対する理解を深め、適切な対応ができるよう習得する。

場面別基本技能 3時間 日常的な外出先での技術を習得する。
場面別応用技能 3時間 目的に応じた外出先での技術を習得する。
交通機関の利用 4時間 交通機関での移動支援技術を習得する。

▲ ページトップへ

受講料・スケジュール

受講料

同行援護一般課程 24,000円(税込・テキスト代含む)

同行援護応用課程 16,500円(税込・テキスト代含む)

2課程を同時受講される方は2課程合わせて、30,000(税込・テキスト代含む)

年間スケジュール

コース 開講 修了 定員
3月31日開講コース 30年3月 30年4月 24名
5月コース 30年5月 30年6月 24名
7月コース 30年7月 30年8月 24名
9月コース 30年9月 30年10月 24名
11月コース 30年11月 30年12月 24名
1月コース 31年1月 31年2月 24名
3月コース 31年3月 31年4月 24名

お問い合わせ窓口

学院詳細ロングライフ医療福祉専門学院アクセス

受講までの流れ

  • 資料請求はコチラ
  • お電話でのお問い合わせ(平日・土日祝9:00〜18:00)/0120-507-015
  • 介護職員初任者研修
  • 実務者研修
  • ガイドヘルパー養成講座
  • 同行援護
  • 福祉用具専門相談員
  • 介護福祉士受験対策講座
  • ケアマネジャー受験対策講座
  • GFCカレッジ
  • 求職者支援制度
  • 委託研修
  • 資料請求はコチラ
  • エルケア株式会社
  • 日本ロングライフ株式会社

ページトップへ